B型肝炎の和解

お金B型肝炎に関する訴訟を行って和解になるまでの期間はおよそ6-8か月と考えておくといいでしょう。これは一般的な訴訟における和解までの期間に比べて非常に短いものとなっています。短期間になる理由としては、B型肝炎に関する訴訟の目的が被害者の救済をすることにあるために、国の方でも積極的に和解をすることを望んでいるからです。

基本的にどのように和解をするかについてもマニュアルが作成されていますので、スムーズに手続きが完了します。被害者救済の意味も込めて、B型肝炎であることを証明するための検査費用を国の方で負担してくれるということもありますので、経済的に困っている方であっても訴訟をすることが可能になります。

また、多くの和解の前例がありますので、ほとんど場合において和解が成立して、B型肝炎からの給付された金額を受け取ることができるようになっています。自分自身でB型肝炎にかんする訴訟を起こして国との和解まで持って行くことも原理的には可能ではありますが、短期間でストレスなくそれを行って行くには弁護士さんの助けを借りてみるといいでしょう。国のほうでも弁護士費用の1部(4%)を負担してくれる制度が整っています。不明の点があるような場合には弁護士さんに何でも相談してみるといいでしょう。


B型肝炎の裁判

地図国に対して裁判を起こすというとなんだか驚いてしまうことになりますが、別に裁判を起こすことは国民の権利ですので、驚く必要はありません。給付金を受け取るためには国との和解が必要だからです。そのために国に対して訴訟をすることになりますが、しかしながら、それは勝ち負けを争う物ではありません。B型肝炎の訴訟は国が決めた資料に基づいて被害に遭っている人に対して救済措置をするものであるということを知っておくといいでしょう。あくまでも目的は救済措置なのですが、それを行うために、訴訟をして裁判をすることが必要になるのです。

国が作った資料をもとにB型肝炎に感染したということが認められれば、すぐにB型肝炎の和解が行われて、その後は給付がスタートすることになります。訴訟をする手続きは自分で行うことももちろん可能ではありますが、法律関連の書類を作成することになりますので、弁護士さんに仕事を依頼してそれを代行してもらうようにした方が仕事を円滑に進めていくことが可能になるはずです。専門的な知識が訴訟においては必要になる場合もあります。弁護士費用の一部を国が負担してくれるという制度も整っていますので、積極的に弁護士さんを活用してみるといいでしょう。


B型肝炎特措法の効力

女性B型肝炎特別措置法の効力は10年とされています。この期間の訴訟に関しては簡素化できるというメリットがありますので、大変お得に請求をすることが可能です。平成24年1月13日から平成34年1月12日までの10年間の間となっています。訴訟をする対象となる日本人の数は45万人と言われています。

この期間であれば訴訟の手続きを簡素化することができますので、このタイミングを逃さないようにするといいでしょう。更には、国によって裁判の費用を一部負担してもらえるということもあります。(弁護士費用の一部と検査費用の残額をサポートしてもらえます)
若いから給付までの期間が2か月ということもあります。

実際にどのようにB型肝炎の訴訟をしていくかわからないような場合には、弁護士さんに相談してみてもいいでしょう。初回の相談は無料で行えることもしばしばですので、お勧めです。もちろんご自身で訴訟をしていくことも可能ではありますが、弁護士さんに相談をしながら進めていけば、スムーズに手続きをすることが可能になります。まずは、訴訟に必要な提出書類を弁護士さんのアドバイスに沿って準備していくといいでしょう。訴状を作成してそれを裁判所に提出し、和解に向けての話し合いが行われるていきます。


B型肝炎からの給付

病院B型肝炎特別措置法は、集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染してしまった人に対して適用になる法律です。法律の内容に基づいて国に対して給付金を請求することができます。国との和解が成立した場合には、その方の病状に応じて給付金の額が決まってきます。死亡、肝がん、重度の肝硬変の場合には3000万円が支払われます。軽度の肝硬変の場合には2500万円、また、死亡あるいは発症後既に20年を経過して提訴した場合には肝がん、重度の肝硬変の場合には900万円、軽度の肝硬変の場合には治療中であれば600万円、治療中でないときには300万円が支払われます。

慢性のB型肝炎の場合には発症後20年未満であれば1250万円、20年以上で現在治療中であれば 300万円、治療中でなければ150万円が支払われます。感染後20年未満の無症候性のキャリアの方も600万円、20年以上の無症候性キャリアの方は50万円と定期検査の費用が給付されることになります。

給付を受けるためには訴訟が必要になりますが、そのための弁護士費用の4%を国が給付してくれる制度もありますし、B型肝炎ウイルスに感染していることを確認するための検査費用も国の方で負担してくれます。また、既にB型肝炎によってお亡くなりになってしまった方の遺族の方も相続人の手続きを行うことによって相続人の方が国から給付を受けることができるようになります。給付を受けるためには国に対して訴訟を起こす必要がありますが、裁判の簡素化が行われていますので、短期間で和解に持ち込むことができます。