B型肝炎特措法の効力

女性B型肝炎特別措置法の効力は10年とされています。この期間の訴訟に関しては簡素化できるというメリットがありますので、大変お得に請求をすることが可能です。平成24年1月13日から平成34年1月12日までの10年間の間となっています。訴訟をする対象となる日本人の数は45万人と言われています。

この期間であれば訴訟の手続きを簡素化することができますので、このタイミングを逃さないようにするといいでしょう。更には、国によって裁判の費用を一部負担してもらえるということもあります。(弁護士費用の一部と検査費用の残額をサポートしてもらえます)
若いから給付までの期間が2か月ということもあります。

実際にどのようにB型肝炎の訴訟をしていくかわからないような場合には、弁護士さんに相談してみてもいいでしょう。初回の相談は無料で行えることもしばしばですので、お勧めです。もちろんご自身で訴訟をしていくことも可能ではありますが、弁護士さんに相談をしながら進めていけば、スムーズに手続きをすることが可能になります。まずは、訴訟に必要な提出書類を弁護士さんのアドバイスに沿って準備していくといいでしょう。訴状を作成してそれを裁判所に提出し、和解に向けての話し合いが行われるていきます。